ぶっくくらぶ通信

童話館と「童話館ぶっくくらぶ会員」を
つなぐ会報誌
童話館ぶっくくらぶ通信は「童話館ぶっくくらぶ」の会員の方へ、月1回、本と一緒にお送りしています。連載記事や会員の方からいただいたお便り、お知らせなど掲載する会報誌です。子どもと絵本・本、子育てや子どもをつつみ込む社会のことなど、会員の皆さまとの交流をはかります。

会員からのお便り

過去の通信

No.429 2018.6.1号より

イソップ寓話のなかの『うさぎとかめ』。絵本や紙芝居、童謡など、何かしらの形で出会っている方が多いのではないでしょうか。皆さんはどんな感想をお持ちですか。
うさぎの姿から、傲慢な態度をとることの滑稽さや自信過剰の危うさを感じる方もいらっしゃるでしょうし、かめの姿から、あきらめないことの大切さ、ひたむきさ、堅実であることの尊さといった、励ましのメッセージを受け取る方もいらっしゃるでしょう。
では、今回はあえて、違う視点で考えてみたいと思います。もし、わが子がこのかめだったら、皆さんがかめの親だったら…。
「そんなこと言ってだいじょうぶ?」などと、急に複雑な気持ちになってきませんか?
(つづく)

その他の過去の特集

  • 「学び」とともにある楽しさ。「学び」の先にある自由
  • 「言葉、ことば、コトバ…。新しい出会いの仲介者たち。」童話館出版の本棚から