インドの絵本

長崎は、台風接近で

朝から 雨風が強いです☔🌬

・・が、祈りの丘絵本美術館は、本日も開館しています♪

くれぐれもお気をつけて、お越しください!

 

さて、今日は、

南インドの出版社 タラブックスの

絵本を ご紹介します♪

「インドのけもの」インド タラブックスで手作りされたハンドメイド本 ・エクスナレッジ・刊        カンチャナー・アルニーとギータ・ウォルフ・編/清水玲奈・訳

貴重な手作りの 版画絵本で

有名なこちらの出版社は、

1994年に、インド全土の

さまざまな民族に伝わる伝統芸術を、

絵本を通して伝えたいとの思いから、

2人の女性により、作られました。

 

紙の本が売れないこの時代に、

手漉きの紙に、1枚1枚の絵を

シルクスクリーンプリントして、

職人が糸で綴じて製本するという、

手のかけよう。

 

日本語版は、1冊ずつシリアルナンバー入りで、

実際 手にすると、手間ひまかけた

重みが伝わってきます。

紙の少しざらついた手触りや、

ページをめくる度のインクの香りなど、

電子書籍では味わえない感触です✨

 

「インドのけもの」は、

とら、ライオン、うし、ぞう、へび、など、

同じ動物でも、部族によって全く違う描き方で、

摩訶不思議な魅力に あふれています。

これが 同じ とら!? ライオン!?・・と

びっくり の連続。

どの絵も ため息が出るような

繊細な美しさ✨

 

少々お値段は高かったですが、

自分の楽しみに 時々

ユーモラスな 動物たちの顔を

眺めてみようかと 思います🐯🐘🐄

 

夏の終わりに、福岡でタラブックス展があるようなので、

ぜひ生で原画を見てみたいFでした~

 

コメントはこちらから

夏の庭

七月も後半に突入しましたね。

そろそろ本格的な夏、到来です🌻

 

童話館書店の入口近くでは

ジーワ ジーワ ジーワ ジーワ

と大きな声で鳴くセミがいるのですが

雨の日でも、ほんの少し晴れ間があろうものなら

ここぞとばかりに鳴きだします。

 

グワンワンワンワンワン

と聴こえます。

 

 

ちょっと暑苦しいです。

が、ちょっと面白くもあります。

 

そんなセミの鳴き声が聞こえてきそうな夏が舞台のこちらのお話し。

夏の庭 / 湯本香樹実作 / 徳間書店

 

あらすじ:葬式から帰ってきた友人の話を聞き、人の死に興味を持った少年たち。近所に住む一人暮らしの老人を観察することに。最初はあらぬ期待を寄せていましたが、次第に…。

 

高校生の頃に文庫本で読んだこのお話しを

今の年令でもう一度読んでみました。

正直に言うと、昔初めて読んだとき

自分がどんな感情を抱いたのかは忘れてしまいましたが

想像するに、

おそらくその年相応の好奇心と共に、

ちょっと嫌な気持ちを持ちながら読んだんじゃないかな、と思います。

 

でも

 

当時の感情こそ忘れてはいますが、

全体のイメージとして嫌なお話しだったという記憶はなぜかありませんでした。

 

それが何でかは、今回改めて読んでわかりました。

 

よこしまな思いで孤独な老人を見張る三人の少年。

ですが

ページをめくる毎に三人の少年の心はどんどん成長していきます。

その成長の過程が、切なかったりむずがゆかったりと何ともリアルで

 

三人の少年がどんどん可愛く、愛しく思えて

ちょっと先のページが自然と待ち遠しくなります。

 

 

童話館ぶっくくらぶではおよそ13~14歳という

多感な時期に読む本として、コースの予備リストに入っています。

 

 

あらすじだけだと読むことを少しためらうお子さんもいるかもしれませんが

思春期の時期だからこそ感じるものはたくさんあると思うので

どうか最後まで読んでみてほしいです。

 

もちろんアラサーの私が読んでも色んな事を感じられました!

 

 

 

次第に気持ちを入れ替えていく三人が、時間も年令も環境も立場も忘れて

夢中でおじいさんのお手伝いをする、夏の暑い日の草むしりシーンが好きな

スタッフM🍉🦀🌻

 

コメントはこちらから

おおきいトンとちいさいポン

久しぶりに会った娘と

本屋さんを ぶらぶらしてたところ、

みつけた絵本。

二人同時に

「うわーーーなつかしいーーー!」と。

 

「大きいトンとちいさいポン」偕成社
いわむらかずお(作)

 

読み聞かせていたのは、

26年ほど昔・・・。

なのに、同時に

「おおきいほうが いいね。

ちいさいほうが いいな。」

というフレーズを 口にして笑いました。

 

いぬの トンと ポンが、

のはらを さんぽしながら、

「おおきいほうが いいにきまってる。」

「ちいさいほうが いいにきまってる。」

と、くらべっこをするおはなしです。

 

くらべっこをするたびに、

トンがいう、「おおきいほうが いいね」

ポンがいう、「ちいさいほうが いいな。」

 

このフレーズを、保育園の行き帰りに

何度も 繰り返しながら 言っていたのを

思い出しました。

 

絵本の中には、

忘れられない フレーズが たくさんあります。

こうやって 大人になって思い出すのは

本当に楽しいですね!

 

今日、店頭で、この絵本を お孫さんへ買おうか 悩まれていたお客さんに 思わず話してしまいました。Iでした ♪

 

 

コメントはこちらから

つきよのかいじゅう

つきよのかいじゅう / 長新太・作 / 佼成出版社・発行

 

ボコボコ ボコボコ ボコボコボン

 

ボコボコ ボコボコ ボコボコボン

 

 

ある湖のほとりでおとこがカメラを構えています。

かいじゅうがあらわれると期待して。

 

でも湖からあらわれたのは

 

 

巨大な…

 

人.の…

 

 

足!?

 

 

ボコボコ ボコボコ ボコボコボン

ボコボコ ボコボコ ボコボコボン

 

この本を作る時、当初長さんは

あぶくの呪文のようなこの二行の

繰り返しのみで

全ページを描いていたそうです。

 

さすがの長さん節!ですが、

あまりにも長さん節がすぎる、とのことで

 

担当の編集者がおそるおそる

「もう少し、言葉を、、足してはくれませんか」

とお伺いをたてたところ

 

 

なんと半年も音沙汰なし…

 

長さん怒っちゃったかなと気を揉んでいるところに

 

『ひょっ』と新しいテキストが送られてきたのだそうです。

 

 

まあ、それでも長さんの天性のナンセンスさは

少しも削ぎ落されることなく、

 

むしろパワーアップしたのでは?

 

と、このエピソードを知ってから思うMなのでした。

 

 

 

最後に、先月旅先で訪れた鹿児島の湖のシンボルの写真を。

 

ネッシーに次ぎ、『イッシーくん』が発見されたという湖。

 

発見されたのは月夜だったかどうかは…

 

 

わかりません

 

🌕

スタッフMでした♪

コメントはこちらから

あめのひのピクニック

7月13日 ☂

今日から 雨が続きそうです。

 

雨の日の絵本を またまたご紹介。

 

「あしたはピクニック」と、

楽しみにして、朝を迎えると

外はどしゃぶりの雨・・・。

そんな日を 楽しく描いた 絵本です。

「くまのアーネストおじさん あめのひのピクニック」BL出版
ガブリエル・バンサン(作)
もりひさし(訳)

なかよしの、アーネストおじさんと セレスティーヌ。

前の晩に サンドイッチをつくって

ピクニックのしたくは できあがり。

ところが、翌朝 あいにくの雨・・・☂

しょんぼりする セレスティーヌに、

「きょうは とても いいてんきだっていう つもりに なるのさ」

と、アーネストおじさんはいいます。

どしゃぶりの中、テントとおべんとうを持って

もりへ 出かけていきます。

あまやどりのテントの中での

楽しいピクニック!

 

娘が小さい頃、雨の日をどうやって楽しく過ごそうか・・・と考えることが楽しかったのを 思い出しました ☔♪♪♪ Iでした。

 

コメントはこちらから

ジャーニー 国境をこえて

先日、テレビで ボローニャブックフェアの

紹介を していました。

その中で、気になったのが こちらの絵本↓

「ジャーニー 国境をこえて」きじとら出版
フランチェスカ・サンナ・作/青山真知子・訳

ジャーニー・・

英語で旅という意味ですが、

この絵本で 描かれているのは、

戦争で父を奪われ、国を追われた

母と子どもたちが、

車で国境を超え、森を歩き、

船で海を渡り、電車に乗り・・

 

そして いまだに 続いている

ながいながい 放浪の旅のお話 です。

 

テレビでは、洋書版を 紹介していましたが、

難民の親子の 厳しい現実を、

スタイリッシュで おさえめな

美しいグラフィックで 描いていて、

絵本として読んでも 充分楽しめそうでした。

20か国以上に翻訳され、

アムネスティCILIP特別賞など多数、

受賞しています。

 

買って読んでみて 心に残ったのは、

文章には出てこない部分。

ページの端に描かれた、

家を離れる時の 飼いネコとの別れ や、

眠っている 子どもたちを 抱きしめる

お母さんが 実は涙をポロポロ流している

場面など・・・

発見した時は、胸を打たれました。

戦争の影や 国境の怖い番人など

不安な心理描写も、子ども目線で

少しファンタジックな味付けが

されているので、さらっと読めます。

 

とりわけ 印象に残っているのは、

最後の ワタリドリに 乗って

旅を 続けるシーン。

まだ 旅は 終わってないんだ・・と。

国境のない 鳥のように、

いつか 安心して暮らせる地へ 飛んで行きたい

という 祈りが 込められたラストに、

切なさと かすかな希望を 感じました。。。

 

イタリア難民センターの 少女の話を

聞いて 作ったという 作者のデビュー作。

よかったら、ページを開いてみてください。

 

日本のような島国では、移民や難民のニュースを

身近に捉えることは なかなか難しいですが、

同じような 大勢の親子たちが、

いつか 何の心配もなく 笑って過ごせる

日々が くるように 願う

スタッフFでした・・・

コメントはこちらから

長谷川集平さんギャラリートーク

先週末の七夕の日、

企画展開催中の絵本作家・長谷川集平さんによる

ギャラリートークをおこないました☆

赤いTシャツにはホークスのロゴが⚾

 

今回もミュージシャン長谷川集平さんらしく

音楽で始まり音楽で終わったトークショー。

ご参加いただいたみなさん

歌や音楽に聴き入り、

長崎に居を構えた当時、たくさん作ったという長崎の歌を披露してくれました

 

 

ときに体を張っての絵の説明に終始和やかでした。

絵の中のご自身を再現する集平さん

 

ナガサキ人は皿うどんにソースをかけないと怒ります、と言っているところです(笑)

 

「すてきな七夕の日になりました」

と見に来られたお客様が

講演後にお声をかけてくださいました。

 

私もそう思いました。

 

集平さんのお言葉には、余韻に浸らせる力があるんです。

 

 

自分と人。

自分と長崎。

長崎と人。

 

自分と、生まれた場所。育った場所。

 

 

お話をきいたあと

それぞれが散らばって

それぞれで思いにふける。

 

そんな機会を今回もいただいたように思います。

 

次回のギャラリートークは秋。

また詳細が決まりましたらお伝えします。

長崎に住んでいる方、もちろん遠くからも、

気軽にたくさんの人にきてほしいなあ、と願い事をする

スタッフMなのでした☆彡

 

コメントはこちらから

七月七日 たなばた 🎋

今日は 七夕の日です。

おりひめ と ひこぼし のせつないお話は

だれでも 一度は聞いたことが あるかと思いますが、

ちゃんと覚えているか と言われれば・・・

何となく あやふやな感じです。

 

「たなばた」福音館書店
君島久子(再話)
初山滋(画)

 

たなばたの、おりひめ と ひこぼし のおはなしを、

美しい絵で描いた絵本です。

一年に一度だけ、

かささぎが 天の川にかける 橋を渡って

会えるようになった ふたりの、

せつない愛のお話を 読んでみて下さい。

 

七夕に よく雨が降るのは、

おりひめが流す涙 だそうです。

 

そして、七夕には、大きな笹に

願いごとをかいた 短冊を飾りますね。

短冊を 笹に飾る風習は、江戸時代から 始まったそうです。

こちら・・・近くの諏訪神社。

大浦町の諏訪神社
撮影:スタッフM

茅の輪(かやのわ)くぐりで、

半年分の葯を祓う『夏越しの祓(なごしのはらえ)』

大浦天主堂の 近くに あるので、

観光客の方が、くぐっているのを 目にしました。

この 茅の輪の両脇の笹竹に ちなんで、

短冊を 笹にかざる風習が 始まったとのこと。

 

厄を祓うのも、願いごとを書くのも、

天の川、星にお願いごとをするのも、

みんなが 幸せになるようにとの 思いからですね。

 

七夕の夜には、夜空を見上げて天の川を探してしまいます。Iでした ☆

 

コメントはこちらから

明日、ギャラリートークをします。

こんにちは!

長崎はいい天気が続いています。

明日、七夕は久しぶりに雨が降らないといいのですが…

 

明日7月7日は祈りの丘絵本美術館にて開催中の

長谷川集平個展

サルコーデ・ナガサキ 第二章 夏

の作者長谷川集平さんによる

ギャラリートークショーの日です☆彡

美術館の入館料を1階でお支払い下さい。

あとはたっぷりと、集平さんのお話を聴きましょう!

 

私たちスタッフもお話の内容は一切事前に聞かないので

2回目の今回がどんな内容になるか、楽しみです。

 

日曜日なのでご家族で、お友達同士で、お1人様でも、

 

皆さんお待ちしています♪

 

祈りの丘絵本美術館 スタッフ一同

 

 

コメントはこちらから

ロボット

今年は「ロボット」誕生100周年!

・・・だそうです。

先日、たまたま 福岡で観た

チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台展で

知ったのですが、

「ロボット」誕生100年記念   チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台
三菱地所アルティアム(福岡イムズ8階)

1920年、弟カレル・チャペックによる

「R.U.R]という戯曲の中で、初めて

「ロボット」という言葉が使われ、

世に広まったとのこと。

機械文明になりつつある世の中を

風刺した作品ですが、

今では、その頃の予言のように

人間の労働力の代わりや、

残念ながら 戦争に利用されることもある半面、

アイボや ペッパーくんのように

人間の癒しや コミュニケーションツールなど、

求められる役割も さまざまですよね。

 

日本のアニメの世界でも、

鉄腕アトム、ドラえもん、ガンダム・・と

大活躍のロボット。

さて、絵本や童話の中では・・?

「ロボット・カミイ」福音館書店
古田足日・作/堀内誠一・絵

こちらは、幼稚園の 子どもたちが

紙で作った ロボット・カミイのおはなし。

わがままで 泣き虫で いじわるばかりして、

みんなを 困らせますが …!?

堀内誠一さんの 描くカミイが 何とも愛らしく、

園児たち が 振り回されながらも、

見守って 受け入れてあげる 姿に、

心打たれます。

最後は、ホロリ。

少し長いですが、年長さん~小学校低学年

くらいの お子さんに。

「きまぐれロボット」理論社
星新一・作/和田誠・絵

タイトルの博士とロボットのお話をはじめ、

SFの短いお話が31篇 入っています。

小学校で 初めて、

星新一さんの作品を読んだ時は、

ちょっと大人になった気分でした。

エヌ氏やアール氏などの 匿名の主人公や、

和田誠さんの 挿絵も、クールな作風に ぴったり。

童話館ぶっくくらぶ でも、

10〜11才コースの予備に 入っています。

もはや 著者の 職人芸とも言える、

最後のどんでん返し の 楽しみを

ぜひ、味わってみて下さい♩

「ぼくのロボット恐竜探検」「ぼくのロボット大旅行」共に、福音館書店 松岡達英・作

こちらは、ロボットに乗って、

恐竜時代や 北極~アフリカまで世界中、

海の底~宇宙まで、いろいろな場所へ

探検へ行く、子どもには夢のような 科学絵本。

コマ割りがあり、吹き出しがある

まんがのような スタイルで、

ロボットの内部や 自然の様子など

細部まで 発見があり、楽しめます。

 

どれも、1階書店や図書コーナーで ご覧いただけます。

さまざまなタイプの ロボットたちと

遊びに来てください♪

スタッフF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはこちらから