メロップスのわくわく大冒険

今日、ご紹介するのは

絵本作家 トミー・ウンゲラーさんの デビュー作!

絵本と 読み本 どちらも楽しめる、

8~9才くらいの お子さまに ちょうどよい、

ぶた の メロップス一家の ものがたり です♪

「メロップスのわくわく大冒険」
評論社
トミー・ウンゲラー・絵と文/麻生九美・訳

メロップス一家は、

思いったらすぐ行動 の 好奇心おうせいな お父さん (下調べも欠かしません!)

みんなを 心配しながらも お出かけの したくや 帰ってきた時の クリーム・パイを準備をして 待つ お母さん、

役割りを分担して、よく働く 息子4人、

いつも みんなに 巻き込まれて とんでもないことになる 愛犬、

🐷🐷🐷🐷🐷🐷🐕 の 6人+1匹。

 

ゆる~い線で 描かれた ユーモラスな絵 から 想像して、

一家の ほのぼのとした日常を 描いた 短編集かと 思いきや、

 

~石油をほりあてる

サイクリングに行った 川の水に 石油がまじっていて・・・?

 

~たからさがしに海へ

やねうらべや で 古い宝の地図を 見つけて、船で海の底へ・・!

 

~地底たんけん

打ったゴルフボールが 地面の穴に 入ってしまい・・!?

 

・・・と、ささいなことが きっかけで、いつのまにか

タイトル通り 大冒険をするはめに!!

 

作者がフランス出身のせいか、

ぶた なのに(?) 服もインテリアも おしゃれ!

淡いグリーンオレンジブラックの 3色印刷が

より 全体の印象を 際立たせています✨

 

2巻目では、飛行機をつくって 空を飛んだり、

一人ずつ クリスマスツリーをつくって 配ったり、

ますます 目が離せない メロップス一家。

 

最初は、おはなしの 面白さに 夢中で 読みましたが、

2~3回 読み返すうちに、

海底の 人魚も豚!?

エミールくんには口がないけど、大タコにはあるのは なぜ!?

冒険で沈んだ 船の税金を 几帳面に払うの!?

地底の壁画の 原始人も豚!?

インディアンのトーテムポールに しばりつけられたまま 引っこ抜く はなれわざって あり!?

クリスマスツリーが 家族で いくつもだぶったら、泣いちゃう!?

・・と、一見 本筋とは関係ないことが 気になって仕方ない。

 

なんだか すっかりはまってしまって、

気付いたら 2冊とも 買っていました📖

 

どこが そんなにツボだったのか??

家に帰って、もう一度読んでみようと思います~

 

スタッフFでした☆

6月2日 原画展再開です。

5月29日 金曜日 ☀

晴れて気温も上がりそうです。

5月最後の週末、グラバー園に続く

坂道に並ぶ、お店のほとんどが

営業再開の準備をしています。

6月1日から、観光施設が営業を再開するのに合わせ、

グラバー坂も活気を取り戻しつつあります。

 

当館でも、臨時休館だった原画展が

6月2日(火)から再開します。

 

今月末までの予定で開催していた、

『太田大八 絵本原画展 ちいさなむかしものがたり』

もっとたくさんのお客さまに観ていただきたいと思い、

9月まで会期を延長します。

お散歩がてら、お近くの方もどうぞお気軽に

お越しください!

 

Ⅰでした。

オポッサムは ないてません

よかれと思って・・・が

余計なおせっかいに なること って、

たま~に ありますよね。

 

おせっかいどころか おしつけになって、

した方は 自分の正しさに 自己満足して、

された本人は ストレスになってしまう・・・

 

例えば、暑いのに かわいい洋服を着せられている ペットだったり、

故郷で気ままに暮らしていた老親を 慣れない都会の施設に入れたり、

がまんも覚えさせたいのに、孫に やたら何でも与えてしまう祖父母だったり、

親が 子どもの結婚相手を 勝手に選んだり・・(ドラマの世界?)

 

ちょっと 例えが ちぐはぐに なってしまいましたが、

 

幸せは 人それぞれ

 

ということが、子どもにも大人にも よく伝わる

幼年童話が こちら。

「オポッサムはないてません」大日本図書
フランク・タシュリン・文・絵/ 小宮由・訳

主人公は、オポッサム。

あまりにも キャラクターが完成されていて、

作者の 創った 架空の生き物かと 思いましたが、

調べたところ、アメリカやカナダなどにいる

カンガルーなどの 仲間の有袋類らしい?

 

森の中で いつも 幸せで にこにこ 笑って

毎日を 過ごしていた オポッサム。

ところが ある日、木から 逆さにぶら下がった顔を

悲しくて 泣いていると 勘違いされ・・!?

人間たちが 勝手に 森の木ごと オポッサムを

都会へ 連れてきてしまいますが。。。

 

この 上下を 逆さまにすると、笑い顔と 泣き顔が

逆の表情に見える というのが おはなしの 大事な要。

その オポッサムの表情の 可愛らしいこと✨

 

数々のアメリカの有名なアニメ会社で キャラクターデザインを

手がけてきた作者だからこそ、描ける 絶妙なイラストです。

 

オポッサムは もちろん、4人組の動き、

町の群衆、森や都会の風景など、見事なデザイン性で、

白黒アニメを 見ているよう!

 

幸せって、何だっけ?

何もなくても 楽しかった 子ども時代?

大人になってからの ささやかな自由時間?

 

他の人から見たら、つまらない ありきたりの日常でも、

本人にとっては 何ものにも代えがたい 穏やかな幸せ かもしれない。

少なくとも、人から おしつけられるもの ではなく、

自分の心の中に 答えがあるはず・・・

 

ぶっくくらぶでは、7~8才のコースに入っていますが、

読んであげる 大人の心も グッと つかまれそう。

ストーリーはシンプルながら、いろんな意味で

考えさせられる作品でした。

 

読んだ後は、ぜひ 親子で

本物のオポッサムも 検索してみてください♪

 

スタッフFでした~

わたしのすきなやりかた

 

 

 

わたしのすきなやりかた / 五味太郎・作 / 偕成社・発行

 

あのね、

わたしのすきなやりかたとしては

えいようまんてん バランスのいいしょくじ

ということなんだけれどね・・・

 

といいながら男の子にごはんをたっぷりあげるお母さん。

 

 

わたしのすきなやりかたとしては

いつもせいけつ すぐせんたく

ということなんだけれどね・・・

と男の子の汚れた服をぬがせているお母さん。

 

すきなやりかたとしては

おともだちとたいせつなおはなしをすること

なんだけれどね・・・

 

こんな具合に、お母さんが生活を心地よくするための

こだわりをシンプルに語っていきます。

 

壁紙をだいたんに張り替えるお母さんや

友達との長電話を楽しむお母さんをみていると

ときにぴしっとときにゆるく、自分を大切にしてるお母さんって

素敵だなあいいなあ。となります。

 

そしていつもそばにいる男の子は

そんなお母さんにあきれたり、逃げ回ったり。

それでもお母さんを大切に思っているのが伝わってくる

絶妙な距離感でえがかれているんです。

 

 

今年は母の日ではなく母の月ということで

こんな本をご紹介してみました♪

絵本によく出てくるあったかいお母さん像はもちろん素敵ですが

たまにはこの五味太郎さんが描いた

さっぱりしていて、何だかかっこいいお母さんも素敵です!

 

 

スタッフⅯでした🌷

 

庭にたねをまこう!

庭にたねをまこう! / ジョーン・G・ロビンソン文&絵 / こみやゆう訳 / 岩波書店

へやにいるのにも退屈してきた子どもたち

コートをきて、長ぐつをはいたら、ちょっとお庭にでてみましょう!

 

色とりどりの花のたねや、トマト、レタス、ハツカダイコンのたね、

たくさんまいて、お世話をして、

さてどんな素敵な庭になるのかな?

 

子どもたちは出来ることを一生懸命に。でも

人間の力だけじゃなく、見ていないところで鳥やカエルや

土の中のみみずさえ、きれいな庭ができるまでに一役かっているんです。

そんな自然のことがわかる絵本。

これを読んだらお庭で、ベランダで、家庭菜園がしたくなりますよ♪

 

祈りの丘絵本美術館のお庭もきれいにしていただき

パンジーにランタナにあじさいも咲いていて、とっても鮮やかです。

 

今日は2人、小さなかわいいおきゃくさまが庭で遊んでいました♪

どうぞお散歩がてら、ご来館をお待ちしています。

 

スタッフⅯ🌷🍂🌼🌸

 

 

 

 

小さなバイキングビッケ

本日は・・・

ビッケ、ビッケ、小さなバイキング~♬・・・という

テーマソングが すぐに浮かんでくる世代には

懐かしのアニメの 原作を ご紹介!

「小さなバイキングビッケ」評論社
ルーネル・ヨンソン・ 作 /エーヴェット・カールソン・絵/石渡利康・訳

現在、ぶっくくらぶの 11~12才向けのコースに入っています。

本はもちろん、アニメやラジオなどで 世界中で親しまれた

バイキングの少年ビッケの シリーズ第1作。

 

バイキングとは、北欧の海で8~11世紀頃に活躍した

いわゆる海賊たちのこと。

 

本書は、ビッケの初めての バイキング遠征のお話です🏴

荒くれ者のバイキングたちの中で、族長の息子でありながら

争いは好まず、知恵とユーモアで 危機をのりきるビッケ。

数々の冒険を経て、故郷に帰ってくる頃には、

体は小さくても みんなに頼りにされるようになります!

 

落とし穴の捕虜を助けたり、

ノコギリザメの刃を使って 牢屋から脱出したり、

火の矢を放って 仲間を助けたり、

道化師の被り物で変装して 逃げ出したり・・・

アニメでは、よいアイディアが浮かぶシーンでは、

ビッケの頭のまわりに 星のような火花が 飛びかっていました🎆

 

相手をやっつけたり、仲間を助けるだけでなく、

思いやりを忘れず、時には 相手の尊敬まで得てしまう・・・

この小さくて賢い主人公が、世界中で愛されるのもよくわかります。

毎回、どんな知恵で のりきるのか、わくわく♪

 

シリーズは全部で6巻。

個性的なバイキングたちの 冒険の旅を

ぜひ 楽しんでみて下さい☆

 

小学校の同級生に ビッケに似た男の子がいたな~と 懐かしく思い出すFでした☆

ひもほうちょうもつかわない!

平野レミのおりょうりブック / 和田唱・和田率 絵 / 和田誠・デザイン / 福音館書店

小さいお子さんでも ふだん料理をしない人でも

誰でも簡単に♪すぐに♪おいしいものが食べられちゃうこの本♪

料理研究家の平野レミさんが考えたレシピがのっています。

ほうちょうもつかわない

なんてすばらしい!

 

まずはあったかい白ごはんを用意して、たまごをわってお醤油をたらーっ

ちぎったのりをのせればりっぱなお料理、たまごのりごはんの出来上がり~♪

 

お次はあったかいごはんにバターをひとかけ、そこにお醤油をたらーっ

はい!バターごはんの出来上がりっ♪(これは道産子の私からすると懐かしい味!最高においしい!)

他にも、ごまごはん、ナッツごはん、しらすごはん・・・

お次はパンにかわってやさいサンド、ハムサンド、ツナサンド・・・

デザートにミルクセーキやホイップクリームも作りましょう🐄

(なんとタッパーをフリフリするだけでできちゃう!)

 

実はこの本、おうち時間が始まって間もなく

清水ミチコさんがSNSで紹介しているのをみて、読み直しました。

全部のレシピが平野レミさんのテンションで作られていく過程を

想像してみると、楽しくならずにはいられません♪

レッツクッキング🍳!

 

 

スタッフⅯでした🍳

The Tiger Who Came to Tea おちゃのじかんにきたとら を 原書で!

ここ最近、絵本「おちゃのじかんにきたとら」の

注文が 毎日のようにきます。

原作のアニメが 再放送されたことが きっかけのようですが、

童話館の一番の人気者が 広く知ってもらえるのは うれしい🐯

というわけで、今回は 併せて 原書も ご紹介♪

「おちゃのじかんにきたとら」ジュディス・カー・作/晴見耕平・訳
童話館出版
「The Tiger Who Came to Tea」洋書・ペーパーバック・ボードブック 
輸入卸元 ㈱岩崎書店絵本の家事業部

今まで何度か このブログでも ご紹介してますが、

少女ソフィーの家の お茶の時間に、

突然 大きな とらが やってきて、

お菓子や夕飯、水道の水まで 飲みつくしてしまう・・・

という 奇想天外な おはなし。

とらを 親切に もてなす お母さんや、

何でも食べつくす とらを 怖がるどころか

憧れのまなざしで 見守るソフィー、

夕飯がなくても 穏やかに笑うお父さん、と

突然の 来客にも 動じず あたたかく

もてなす 家族も 素敵👪

ぶっくくらぶ初期から、長く愛されている 絵本です。

 

和書は 4~5才くらいからの おすすめですが、

洋書は 中学2~3年生くらいの 英語で 読めます。

Do you think I could~? 「~させていただけませんか?」

Would you like~?「~はいかがですか?」など

英国風?の 丁寧な言い回しも 自然に学べそう。

書店の洋書コーナーには、ハードカバー、ペーパーバック、

ボードブック、バギーブックと 多彩に そろっています。

原書も読んでみたい!と 思った方は ぜひ

和書と 読み比べてみて ください📖

細部に ちょっとした発見があって、面白いですよ♪

 

英国の俳優が声優をしている 字幕版のアニメも観てみたい Fでした~☆

いっぽ、にほ・・・

 

いっぽ、にほ・・・ / シャーロット・ゾロトウ 文 / ロジャー・デュボアザン 絵 / 童話館出版

 

 

時々

近くに住むおいっ子と近所の川辺をお散歩しています。

「鳥さんがいるよ~」「きれいなお花だね~」

「にょろにょろへびがいるかもよ?気を付けてね」

と、いろんな言葉をかけると、それを小さいながらにうけとめて

今度は私に鳥やお花や、目に見えたいろいろなものを教えてくれます。

つたない言葉がとってもかわいい!

 

🌷

 

ロジャー・デュボアザンの「いっぽ、にほ・・・」

おかあさんとちいさな女の子が、いっぽ、にほと歩いて

気になるものがあれば立ち止まり、またいっぽ、にほ…と歩きます。

 

この絵本の好きなところはたくさんありますが

おかあさんがこどものペースにのんびりつきあうところ、

それも、広い心で!と押し付けるような描き方ではなく

ときにこどもの手をひっぱったり

ポケットに手をいれたりして

自然に描かれているところが素敵です。

そして最後には、いままで女の子の視点で描かれていたお話が、

おかあさんの視点になってあたたかく終わります。

 

長くなってくるとつい「もう帰るよー」と急かしてしまうおいっ子とのお散歩ですが

「いっぽ、にほ・・・」

とのんびりした気持ちでお散歩したいなーと思いました🌷

 

スタッフⅯ

 

 

🍓きいちごだより🍓

 

童話館書店に初夏の絵本たちが並び始めました♪

今日はその中からこちら🍓

きいちごだより / 古矢一穂・絵 / 岸田衿子・文 / 福音館書店

 

今の季節 花を咲かせ、だんだん実のなるきいちご。

日本のあちこちに住む動物たちが手紙を出し合い、

自分の住む場所にはこんなきいいごがなりましたよ♪と

愛嬌たっぷりの文章で知らせてくれる絵本です。

 

日本を飛び出して海外からのおてがみが届いたり、

物知りのかめきちじいさんが質問に答えたりもしてくれます。

ちなみに長崎からは、しまばらいちご なんていうきいちごを

長崎なまりのたぬきのたぬへいさんが

お手紙にかいて説明してくれています。

 

これをみていると遠くに住む友人や家族にお手紙を書きたくなります✏

会えない今だからこそ、メールや電話じゃなく丁寧にお手紙交換も

いいなあと思ったスタッフⅯでした♪