ミヒャエル・エンデ「モモ」

 

小学生の頃や中学生の頃、

みなさんは名作といわれる児童書をたくさん読みましたか?

 

私は・・・全然読んでいませんでした。

そこで今回、ずっと気になっていたけど手が出なかった

ミヒャエル・エンデ「モモ」を読んでみました。

モモ/ミヒャエル・エンデ作/大島かおり訳/岩波書店発行 写真はハードカバー。文庫版もあり。

 

 

ひとことで言って、面白い!!!

不思議な女の子モモが、知らず知らずのうちに時間どろぼうに時間をうばわれた人間たちを助けるために奮闘するお話です。

 

主人公モモの魅力は目立ったものではないのに、

控えめで優しくてまっすぐなこの女の子を、きっと読んだ人誰もが好きになると思います。

 

大きな力でモモを援助してくれる「ホラ」という人物や

ホラとモモを繋ぐ役目を担うカメの「パトリシア」。

他にも個性的な登場人物たちがたくさんいます。

 

読み終えた時、

もっと早く出会いたかったなと思う反面、

大人になった今でもこんなにわくわくできて

嬉しいという気持ちにもなりました。

 

 

先日ぶっくくらぶの会員様がご来館されたのですが

兄弟の上の子は本が好きでどんどん読み進めるけれど

下の子は読むのがマイペースでムラがあるんです、というお話しを伺いました。

 

でも、自分のペースで本を楽しむってすごくいいことだと個人的には思います!

今回アラサーの私が小学生対象(推奨)の小説と出会ってわくわくできた事もあって

本との出会いには早いも遅いもないのかな?と感じました。

 

 

自分がその時求めているものを読むのが一番楽しいですね♪

 

といいつつ、欲張りすぎて推理小説と歴史ものとエンタメ関係の本をぐるぐる同時に読んでちょっと訳が分からなくなっているスタッフMでした~📚📖📚

 

 

 

コメントはこちらから

おねしょの名人

 

祈りの丘絵本美術館3階には

絵本をゆっくり読める図書コーナーがあります。

先日その図書コーナーの棚を何気なくみていると、

面白い本を見つけました♪

おねしょの名人 / 山田真・柳生弦一郎 / 福音館書店

 

タイトルの通りおねしょを毎日しちゃう男の子、通称おねしょ名人✨が

ナビゲーターとなってお医者さんにおねしょのしくみを聞いていきます。

 

 

子どもがおねしょをするのはおかしなことではなく

普通のことだと優しく説いてくれています。

 

何十年も前の絵本なのに色褪せることなく

お医者さんの優しいお話しと、作者柳生弦一郎さんのユーモアたっぷりのイラストがバランスよく描いてあるので

多少ながい内容ですが読み飽きないです!

 

 

柳生弦一郎さんはこの他にも体の仕組みについての本を

シリーズで出版していて、

1階の書店にも置いているのですが

 

大人が読んでも 目からうろこ の情報満載なので

ご家族で楽しむ絵本としてもおすすめです!

(画像右上から時計回りに)かがくのとも版 きゅうきゅうばこ / 虫むし歯のもんだい / はなのあなのはなし / 柳生弦一郎 / 福音館書店

 

 

新学期にむけてちょっぴり不安なお子さんにも

こんな本に出会って安心して欲しいなあ、と思うスタッフMでした🌼

 

 

 

コメントはこちらから

春の予定 🌸

3月21日 春分の日です。

昨日、長崎は 日本一早い 桜の開花宣言でした 🌸

しかし、今日はあいにくの雨と強風!

 

さて、今日はこの先の春の予定を少し。

 

 

ギャラリートーク チラシ

現在、開催中の原画展

「サルコーデ・ナガサキ」のギャラリートークを

開催します。ぜひお越しください!

 

そして、今年は10連休のGW ✨

祈りの丘絵本美術館は、

4/27・28・29・30 5/1・2・3・4・5・6

上記10日間は休まず営業です。

たくさんの方のお越しをお待ちしてます!

※ 5/7 ㈫ は休館日となります。

みなさんの 春の 楽しい予定の

参考にしていただければ 嬉しいです!

 

Iでした 🌸

 

 

コメントはこちらから

ようちえんにいきたいな🐤

 

1階の書店部では、

新学期におすすめの絵本コーナーを

開催中です!

 

今回はその中の1冊↓より。

「ようちえんにいきたいな」
アンバー・スチュアート/文
レイン・マーロウ/絵
ささやまゆうこ/訳
徳間書店

あひるのこども、ピヨくんは毎日、

ようちえんに通う

おにいちゃん、おねえちゃんたちを

おともだちと一緒にながめながら

「あんなふうに なりたいなぁ」と

あこがれていました。

そしてある日、いよいよピヨくんも

ようちえんに通うことに…!

 

けれども、いざ前の日の夜になると

どきどきと心配になってきました💦

当日も、おかあさんに励まされ

重い足取りながらも、勇気をふりしぼって

何とかようちえんへたどり着きました🐤

そして、かばんの中をみてみると…?

 

おかあさんがピヨくんに

持たせてくれたものたちによって、

勇気がわいたり、安心したり。

新しいおともだちもできて、

初めてのようちえんを楽しく過ごした

ピヨくん♪

 

どんなものが入っていたかは、

あたたかみのある絵と合わせて

お楽しみください🌼

ピヨくんの繊細な気持ちの変化にも

注目です。

 

スタッフ T

コメントはこちらから

長崎めぐり♪ 陶器のまち・波佐見町

 

 

長崎県のほぼ中央にある陶器のまち

『波佐見町(はさみちょう)』に行ってきました🚙

 

 

いきなりですがこれは何でしょう?

 

 

 

『焼き物公園』という公園にある、壁一面のタイルなんです!

もちろんこのタイルも波佐見焼です。

 

この公園は、町の人々が散歩したりのんびり過ごす憩いの場所で

毎年GWには全国の陶器好きが集まる陶器市が催される場所です◎

 

陶器市では人でごった返すこの町も、普段は静か。静かすぎるくらいでした…。

 

 

バス停のベンチまで波佐見焼のタイルが!

長崎県内で唯一、海に面していない町なので、焼き物産業がさかんになったのかなあ??と思いつつ

 

陶器やさん巡りをしたり、美味しいものを食べたり

のんびりした一日を過ごしました♪

 

最近刑事物の小説を読み進め、この日でちょっとクールダウンしたスタッフMでした✨一度読み始めると止まらない!!

コメントはこちらから

おともだち

春は あたらしい おともだちと

出会える 季節でも ありますね。

「くまくんのおともだち」福音館書店
E・H・ミナリック(文)
モーリス・センダック(絵)
まつおかきょうこ(訳)

森に住む こぐまの くまくんは、

夏のあいだだけ 森の近くに きていた

女の子 エミリーと 出会います。

おともだちになって、楽しい日々を すごして

夏の終わりと ともに お別れの日が やってきます。

くまくんと エミリーの やりとりが

なんとも ほほえましい お話が、

4つ楽しめます。

 

そして、もう1冊

 

「コッコさんのともだち」福音館書店
片山健(作・絵)

保育園で ひとりぼっちの コッコさんが

ひとりぼっちの アミちゃんと

おともだちになる おはなし。

ふたりとも はずかしがりやさんで

なかなか お友達と 遊べません。

ある日、手をつないだふたりは お友達に。

遊んで、はじめてのケンカをして、

そして仲直り 🎵

 

気持ちが和み、笑顔になれる絵本です。

 

Iでした。

 

コメントはこちらから

こんにちは と いってごらん

もうすぐ、小学校へ入学する女の子へ。

クラスのお友だちと、うまくお話しできない

わたし ぼく へ。

「こんにちはといってごらん」童話館出版
作:マージョリー・W・シャーマット
絵:リリアン・ホーバン

誰でも初めての場所や人に出会う時は、

緊張しますよね。

最初のあいさつの一言がなかなか出てこなかったり、

話かける勇気がなくて落ち込んだり・・・。

この本では、そんなドキドキとちょっぴりの期待が、

手に取るようにわかります。

 

ねずみの女の子バネッサは、

授業中に手をあげられなかったり、

お友だちに声をかけられなかったり、

なかなかクラスに馴染めません。

毎日お母さんに相談しますが、

ある日、勇気をふり絞って・・・?

 

吹き出しの会話では、声の大きさを

字の大きさで表していたりして、

伝わりやすいよう工夫されています。

リリアン・ホーバンさんの描く愛らしいバネッサが、

ユニークな色々な生き物のお友だちと仲よくなっていく

様子が楽しめます。

絵本と読み本の中間のような感覚で読める、

入学前後のお子さんへおすすめの1冊です。

微笑ましい結末は、ぜひ本でどうぞ♪

スタッフF

 

 

 

コメントはこちらから

ちょうちょ ひらひら・・・

今日の朝一番のお客さまは・・・

庭のすみれの周りを ひらひら

まっていた 黄色いちょうちょ。

まだ少し風は冷たいですが、

春を告げに来てくれたようです♪

 

昨日ちょうど、2才くらいのお孫さんへのプレゼント用にと、

こちらの絵本をご紹介していました↓

左:「きいろいのはちょうちょ」偕成社 五味太郎・作・絵
右:「ちょうちょ はやく こないかな」福音館書店 甲斐信枝・作

左は、五味太郎さんの穴あきしかけ絵本。

あみを持った男の子が 黄色いちょうちょを

追いかけると・・・実は、お花?ふうせん?黄信号?

ページをめくりながら、次は何が出てくるんだろう!?と、わくわく♪

 

右は、身近な草花や虫たちを描き続ける

甲斐信枝さんの、ちょうちょと小さな花のお話。

自分のところにも、来てくれるかな・・と

ちょうちょを待つ、小さな花の不安と期待が

優しいタッチの絵から伝わってきます。

 

どちらも書店で、ご覧いただけます。

ぜひ、お子さんやお孫さんと

少し早い春の気配を味わってみて下さい♩

スタッフF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはこちらから

およぐひと 3.11

 

 

雨上がりの長崎は空気が澄んでいるように感じます。

昨日3月11日は休館日でした。

 

およぐひと / 長谷川集平・作 / 解放出版社・発行

 

8年前の3月11日、

私は京都の大学の建物にいました。

そこにいた学生の中には宮城出身の生徒もいて

他にも東北地方出身の学生が何人かいました。

 

地震直後、携帯の電波が混線している状況の中

家族と連絡がとれない、不安と恐怖の入り混じった

長い長い時間を過ごしたことを今も鮮明に思い出します。

 

私は北海道出身ですが、家族の無事を確認できたのは翌日の夕方で

ニュースを見ながら、電気をつけたままの一人暮らしの部屋で

夜は全く眠れませんでした。

でも

被災者の恐怖はそんなものではなく

計り知れない程大きかったと思います。

 

 

長谷川集平さんの『およぐひと』にもあるように

この日のことは

今でも、言葉にすることができません。

 

 

いろんな感情を言葉にするのは難しいです。

でも、毎年この日には、当時の事を思い出します。

 

亡くなられた方のご冥福を、心からお祈りいたします。

コメントはこちらから

雨の日は、お気に入りの絵本で。

3月10日 雨の日曜日です。

今日の長崎は夕方まで降りつづきそう ☔

こんな日は、

お気に入りの絵本にどっぷりひたりたいです。

 

私のお気に入り

「白猫」ほるぷ出版 エロール・ル・カイン(再話・絵) 中川千尋(訳)

ロマンチックなおとぎ話。

 

ある国の王さまが、三人の王子に

「この世で一番かしこい犬をつれてきたものを

次の王にしよう。」と言い、三人の王子は それぞれに

犬を探しにいきます。

上の王子は 町へ、二番目の王子は 遠い国へ、

そして 末の王子は 森へ・・・

末の王子は 森の中で 美しい白猫に出会います。

「白猫」裏表紙

 

その一年後、王さまは

「この世で一番うつくしい娘と結婚したものを 次の王にしよう。」

と言い、三人の王子は またそれぞれに探しにでかけます。

末の王子は 白猫のいる森へと向かいます。

 

白猫といると、とても幸せな 末の王子は

この白猫を 花よめとして 城へつれて帰ります。

 

おとぎばなしでは、末の王子、末の娘が

ハッピーエンドになるんですよね。

 

そう、人間でない 花よめを連れてきた 末の王子に、

城に集まった人は ビックリ。

しかし、「この猫を愛しています。」のひとことで……。

 

やっぱり、末の王子はハッピーエンド!!

ユーモラスなおはなしと、繊細で美しい絵、

ロマンチックな結末、いつまでも変わらないおとぎ話。

 

おとぎ話を読むと、『自分の心に素直になればハッピーエンドになれる。』と今でも思います。Iでした。

 

 

 

コメントはこちらから