マリールイズいえでする

5月22日 天気が良い朝です ☀

今日は暑くなりそうです!

 

☀ ☀

さて、

いつ 読んでも、いとおしい

絵本の中の マリールイズ

「マリールイズいえでする」童話館出版
ナタリー・サヴィッジ・カールソン(文)
ホセ・アルエゴ、アリアーヌ・デューイ(絵)
星川菜津子(訳)

 

25年ほど前に 出会って以来、

マングースの おんなのこ、

マリールイズの かわいらしさの とりこです。

 

さとうきびばたけの 中の おうちに、

おかあさんと いっしょに すんでいる マリールイズ

ある日、わるい子になります。

(絵本のなかで、時々わるい子になる子 ってかわいい!)

かまどで どろんこパイを つくったり、

しっぽを 外にだす穴を ふとんにあけたり、

はげたかのたまごを ふくろうの巣に いれたり!

 

かあさんにしかられた マリールイズは、

「あたし、いえでするの」

「あたらしいかあさんを さがしにいくわ」と。

 

まずは、岩山にある ヘビのクリストフの ほらあなヘ・・・

しかし、「いたずらっ子は ひとりでたくさん」 と。

つぎに、あひるの せかせかおばさんがいる ぬかるみの沼へ・・・

しかし、「10にんのこどもの めんどうをみるのに おおいそがしよ」 と。

そのあとも、かめの かみかみおばさん

アルマジロの しましまおばさん

だれも マリールイズを ひきとってくれません。

 

そこで、魔法使いのヒキガエルが、

「子どもを ひとりほしくなったから さがしてくれ、と

たのんでいった ご婦人がいる。

パナマソウの小道へ いそげば、おいつくだろうよ。」

 

🐾 🐾 🐾

 

マリールイズは すごいはやさで 小道をはしりました。

見えてきたのは、かあさんのしっぽ

 

「かあさんも いえで してきたわ。うちにいても さびしくて。

かわいがったり、せわをやいたりする子が いないんだもの。」

 

🌼 🌼 🌼

 

かあさんのせなかに のって帰る

マリールイズの顔が かわいい!!

 

 

このマリールイズの表情、しゃべりかた、行動が5才の頃の娘にそっくりで、幸せな気持ちになります ♫ Iでした ♫

 

 

 

コメントはこちらから

集平セミナリヨ

 

祈りの丘絵本美術館から歩いて10分ほどのところにある

中国歴史文化博物館・孔子廟。

先週そこで開催された

『集平セミナリヨ』へ行ってきました!

 

絵本作家・長谷川集平さんが

日常生活ではまず目にしない、耳にしないディープな話を

ジャンル問わず地下から引っ張り上げて、

「こんな面白いことあるんだよ」と教えてくれる2時間。

この日のテーマは怪獣でした!

 

トリゴラス人形 ※現在販売不可

 

集平さんで怪獣といえば、絵本『トリゴラス』。

トリゴラス/長谷川集平・作/文研出版・発行

この日は俳優・火野正平さんの朗読映像で楽しみました。

 

私の中で火野正平さんといえば、自転車にのった少々強面のおじさん。

トリゴラスを読む声には

こちらをぐぐっと惹きつけるゾクゾクする怖さがありました。

 

大人達には「下品だ」と言われ、

当初の予定より大幅に発行部数をへらされたそうですが

発行から30余年、一度も絶版にならず版を重ねているトリゴラス。

 

 

祈りの丘絵本美術館でもパソコン作業から顔をあげると

 

こちらを見ています。

 

長い年月を経てトリゴラスの続編として出版された『トリゴラスの逆襲』は

作者の集平さん自らが読んでくれました。

トリゴラスの逆襲/長谷川集平・作/文研出版・発行

こちらもトリゴラスと並んで特に男の子に人気です。

 

 

怪獣は日本文化。

 

映画「ゴジラ」では原子力の恐ろしさを具現化する役割を与えたり、

モーリス・センダックの絵本「かいじゅうたちのいるところ」を訳す時

訳者の神宮輝夫さんが

原作のWild Things(もののけ、野獣)を ”かいじゅう” としたのも

こわいものの化身として日本文化に怪獣が根付いているから。。

 

 

そんな集平さんの話をききながら

怪獣はただただこわいものなのか?

いや、人間がつくりあげた悲しみの塊なんじゃないか?

怪獣自身のこころとは??

なんぞや???

 

などなど考えが巡ります。

 

怪獣に思いを巡らせることなんて今までなかったので

自分の世界がひろがっていく高揚感で、2時間があっという間でした!

 

今日はこんな話をしますよ。

と一口にいっても

どんどん話がふくらむ集平セミナリヨ。

 

このブログでは絵本にまつわる話を書きましたが

他にも出てきたジャンルは多種多様。

 

毎月第三土曜日のセミナリヨ、ふらっと気軽に参加してみませんか??

 

終わったあとは、そのまま祈りの丘絵本美術館へ来て下さると

 

うれしいです♩

 

スタッフM

 

コメントはこちらから

『あなたへ』シリーズより Part 3

5月19日  日曜日です。

 

今日はこの絵本をご紹介します。

「うれしい」岩崎書店
レイフ・クリスチャンソン(文)
ほりかわりまこ(絵)
にもんじまさあき(訳)

 

日々の うれしいことが

描かれてあります。

 

うれしいときの、この表現が 好きです。

『うれしくなると 心は はずむ

むねに風船が はいったみたい』

 

わたしが 嬉しいと思うのは、

好きな人が 喜んでくれたとき。

 

なにか 言葉をかけたり、

贈り物をしたり、

そんなときに、笑顔に なってくれたら、

『むねに 風船が はいったみたい』に

なります。

 

今日、なにかうれしいことがあるといいですね 🎈 Iでした。

 

 

コメントはこちらから

ラ・タ・タ・タム

大好きな この絵本。

 

先日、修学旅行の 女の子から、

「この絵本ありませんか?」とスマホを

見せられて、思い出した 大好きな絵本。

 

『静かな絵』という表現が ぴったり。

色がキレイで、こまやかに 描かれていて、

どのページも ずっと眺めていたくなる絵本です。

 

「ラ・タ・タ・タム ちいさな機関車のふしぎな物語」岩波書店
ペーター・ニクル(文)
ビネッテ・シュレーダー(絵)
矢川澄子(訳)

 

主役は、このまっしろい ちいさな機関車

 

ちびで ちっぽけな 発明家の

チッポケ・マチアス が 心を込めてつくった 機関車。

でも、工場長に 横取りされてしまい、

マチアス は 空とぶ自転車にのって、

まちから いなくなってしまいます。

 

さて、ひとりぼっちになった

ちいさな機関車 の旅が はじまります。

マチアスを探して、広い荒野へ、

暗い夜のまちへ、石炭山のまちへ・・・。

 

なかなか マチアス には会えません。

石炭山をにげだした ちいさな機関車 は、

大きな くろい機関車たちに 追いかけられ、

「にげなくちゃ、にげなくちゃ!」

ふうふう・・・

いきもたえだえ、

ある村に たどりつきました。

 

そこは、

やさしいかおをした、ちいさいひとたちの すむ村。

ちいさな機関車 は ホッとひといき。

 

そこへ、両手を ひろげてかけよってきたのは!

 

ラタタタム、ラタタタム、タタム!

 

ちいさな機関車 のしあわせな音が ひびきます。

 

 

一生懸命マチアスを探すちいさな機関車が、とってもけなげで、強くて、「がんばれ!」と心の中で応援したくなりますよ。Iでした。

 

 

コメントはこちらから

長谷川集平さんのお話を 聞いてみませんか?

5月17日 金曜日 ☀

長崎の このお天気は 今日までかな~

今夜からは 雨になりそうです ☔

 

昨日は 次回の展示を ご紹介しましたが、

次回の展示中にも 集平さんの 話を聞ける機会が あります!

 

 

七夕の日なので、

まだ ちょっと先ですが、いかがですか?

 

☆☆☆

そして、明日、18日土曜日には、

私が大好きな場所、情緒あふれる『孔子廟』で

集平さんの いろんな話が聞ける

「集平セミナリヨ」があります。

興味がある方、ない方(集平さんをあまり知らないという方もこの機会に ♫)

ちょっとでかけてみませんか?

 

孔子廟の前に 華僑の人たちの小学校、時中小学校があった頃から、毎日のように 孔子廟に 行ってました。あの雰囲気と 中の博物館は、長崎で一番好きな場所です。Iでした。

 

コメントはこちらから

もうすぐ展示が変わります♪

 

現在開催中の企画展、

長谷川集平さん個展 第一楽章・春が今月で終わります🌸

 

28日からは第二楽章・夏が始まります🍧

 

サルコーデ・ナガサキ 第二楽章・夏より 皿うどんにソース・長崎市平野町

 

長崎の夏。

長崎の人にとってはいつもと変わらない日常風景でも

他の地域の人がみるとまるで異国の風景?と錯覚するような場面があったり

 

長崎に住んでいても気付かない、ささやかな一場面が丁寧に切り取られていたり。

 

じーっと見ていると、絵の中の人々の話し声が聞こえてきそうです。

 

会場には引き続き感想ノートも置いておきますので、

長崎在住の作家に

皆さんお気軽にメッセージ、お書きくださいね♪

 

スタッフMでした♪

 

 

 

 

コメントはこちらから

遊べる絵本 メイシーちゃん

5月15日 水曜日です。

いい天気です ☀

GWが 終わってからの 長崎は、

修学旅行の小学生、中学生、高校生で 賑わっています。

 

さて、今日の絵本は・・・

 

しかけ絵本の中で、

ちいさい子どもや、外国の子どもに

大人気の メイシーちゃんシリーズ。

 

『めくったりひっぱったり』         「のうじょうのメイシーちゃん」偕成社
ルーシ-・カズンズ(作)
五味太郎(訳)

 

メイシーちゃんが、のうじょうで

たまごをあつめたり、

あかちゃんひつじに ミルクをあげたり。

トラクターも うんてんします。

しかけをひっぱって、メイシーちゃんや

どうぶつを うごかして 遊びます 🐐 🐎 🐓 🐖 ♪

 

『ひっぱったりうごかしたり・しかけえほん』
「メイシ―ちゃんおたのしみきょうしつへゆきます」
「メイシーちゃんおよぎにゆきます」
「メイシーちゃんおたのしみひろばへゆきます」
偕成社
ルーシ-・カズンズ(作)
五味太郎(訳)

 

シリーズのものは どれも 人気があります。

英語が 描かれてある したに

かわいい 五味太郎さんの 訳が

「meisy writes a story」

「メイシーちゃん ちょっとおはなしをかきます」

なんとなく、味があります。

 

『くみたててあそべるしかけえほん』
「メイシーちゃんのあたらしいおうち」
偕成社
ルーシー・カズンズ(作)
なぎともこ(訳)

こちらは、ちょっと大きめ。

ひらいて遊ぶ、立体的な

メイシーちゃんの おうちです。

このおうち、うちの娘は

3才くらいから、小学校になっても、

ボロボロになるまで 遊びました!

 

読み聞かせとは 少し違った楽しみ方の しかけえほん。

楽しいですよ!!

 

Iでした ♫

 

コメントはこちらから

学校は面白いところ!

5月14日 長崎は 朝から 雨が降ってましたが、

今は 雨も上がり、空気が キレイな一日の はじまりです。

 

さて、今日は

学校が 面白くなる物語を 2冊。

どちらも、摩訶不思議な 小学校でのできごと。

 

「カメレオンのレオン」偕成社
岡田淳(作)

 

桜若葉小学校でおこった

へんてこなできごとの物語が9つ。

 

いちばん最初は、一年一組のマコト

授業中に トイレに行きたくなって、

廊下を歩いていると、聞いたことのない 足音が。

ぺたんぺたんぺたんぺたん。

 

次には、校長先生が校長室に入ると、

イスに自分が座ってて・・・?

 

それから次々おきる へんな事件は、

校庭にある 大きなクスノキから はじまったのです。

 

☆♩★ ♫ ☆

 

「ふしぎの時間割」偕成社
岡田淳(作)

そして、こっちは、

いくつかの 小学校の

それぞれの 季節の

それぞれの 時間の へんてこな物語。

 

一時間目は、学校に行きたくない

一年生の みどり と、

ことばを話す 黒ねこ とのおはなし。

 

二時間目は、へんな やもりのおかげで、

仲良くなった 二年生の ゆきひろ さおり のおはなし。

 

三時間目は、体育倉庫の裏にある

百葉箱(なつかしい!)の

ところにいる 魔法使いに

願いを かなえてもらう としお のおはなし。

 

と、こんなふうに、小学校で 摩訶不思議な

できごとが、六時間目、放課後、夜まで

次々におこります。

 

 

学校は、想像力をつかって、

自分で 楽しみを見つけられ ところですよ!

 

つまんない日や、むしゃくしゃする日は、

何か 不思議なことが おきるかも ⁈ と、

想像してみましょう ☆♩★ ♫ ♡

 

Iでした ☆♩

コメントはこちらから

5月はバラの月

5月12日、日曜日 母の日ですね!

母の日のお花といえば、カーネーションですが、

5月はちょうど、初夏のバラの季節🌹

歩いていると、あちらこちらの家に

美しいバラが咲いています。

ロイヤルサンセット

地元で有名な家庭バラ園や・・

ブルボンクイーン

実家の玄関にも・・

長谷川集平 連作 サルコーデ・ナガサキ ポストカード「5月はマリア様の月」

現在、展示中の サルコーデ・ナガサキ 第一楽章 春

の中にも、きれいなバラのアーチ・・♪

紫のバラ

家でも、いただいたバラをドライフラワーに♡

当館のある長崎の南山手周辺でも、

町並み保存センターや教会の周りに

色とりどりのバラが・・・🌹

花束のプレゼントの代わりに、

バラを眺めながら お母さんと一緒に

お散歩するのも いいかもしれませんね☆

庭のミニバラ

当館のミニバラはまだ咲きかけですが。。。

お天気のよい日曜日、ぜひお出かけください♪

スタッフF

 

コメントはこちらから

ムーミン谷の夏まつり

こんにちは♩

連休が明けてこの数日は、体も心も本調子に戻らない…!という方も多かったのではないでしょうか。

今日は土曜日。

ちょっとゆっくりじっくり、本を読みませんか?

 

 

そんなわけで今日は

ムーミンシリーズよりこちらを ↓↓

 

 

ムーミン谷の夏まつり / トーベ・ヤンソン=作・絵 / 下村隆一=訳 / 講談社 発行

 

 

ムーミン谷の中の魅力的なキャラクターの一人に

スナフキンがいますね。

 

彼は旅人で、世の中を自由にさすらいます。

 

 

毎年ふらっと旅へでて、春になると帰ってくるスナフキンですが

この物語では5月になっても帰ってきません。

 

スナフキンを好きで尊敬しているムーミントロールは

彼の身になにが起きたんだろう…と

むし暑い夏を、心ここにあらずといった風に過ごしていました。

 

 

そうして とうとうスナフキンは

6月になってもいっこうに現れず

代わりにこの夏ムーミン谷をひどい大洪水がおそいます!

 

 

 

 

混乱の中、でも どこかのんきに見えるムーミン一家。

家が水浸しになってもママは

ママレードジャムが水に流されたことを気にしているし

パパは、ムーミントロールのサンドウィッチの包み紙に

「おはよう。」とかいてみたり。

 

 

でもかえって、こういうピンチのとき

大人がいつもどおり過ごしたり

のんきに楽しみを見つけている様子が

ムーミントロールの勇気ある行動につながっているのかもしれません。

 

ムーミンママはいつもムーミントロールを心配しつつも、

スリルを楽しむ息子のジャマをしないように配慮しています。

そんな様子がほほえましい♩

 

さてさて物語の中盤、夏まつりのイブにようやくスナフキンが登場して

お話は一気に加速します!

 

名言がちりばめられた物語をぼんやりと読んで、

素敵な言葉にはっと出会うのも、いいなあ~と思うMでした📖

 

 

 

 

コメントはこちらから