ギャラリートーク

 

先日10月6日(日)、

長谷川集平さんによるギャラリートークを

2階の大フロアにて開催しました。

中央赤いTシャツが集平さん

 

今回は、春・夏に続く3回目の

秋のギャラリートークです。

毎回来てくださるおなじみの方もいれば

今回「チラシをみて…」「看板をみて飛びこみで!」というはじめてのお客さまもいらっしゃいました♪

皆様お越しいただき本当にありがとうございました!

 

 

さてお話しは

現在、香港の出版社より発行されている

「はせがわくんきらいや」の香港版のことから始まり

昔つくった「はせがわくんきらいやポストカード」が飛ぶように売れ、

注文のFAXがいったんもめんの様だったというエピソードに。

こちらのポストカードは現在、美術館1階の書店でも販売しています。

最近品切れになったので再入荷しました!

 

集平さんのお話しをみなさん熱心に、時に笑いながら聴いています

 

後半はみなさんと一緒に館内をまわりながら

展示された絵を一枚ずつ鑑賞。

 

当然のことながら一枚一枚の絵に物語があります。

 

作品を描いた当時のお気持ちを交えて

時に体を張って、語ってくださいました♪

 

中国から伝わった楽器や太極拳が描かれた作品には

 

本場・中国にはもう残っていないような

超本格的な形の伝統が

長崎には保管され、ひっそり継承されている、根付いているんだという

 

細かいエピソードが隠されていました。

 

集平さんいわく

「長崎レイゾウコ説」があると…。

 

 

一つ一つ、絵の中に描かれたものに疑問を感じたり探求していくと

長崎の文化や長崎人(じげもん)の生き様が浮かび上がってきて

より楽しめると思います。

 

 

秋の12枚の絵には

毎年10月の3日間で開催される【長崎くんち】にまつわる絵が3枚あります。

「長崎の人たちは着物の着こなしが美しい」

「おくんちには長崎人の奥ゆかしさが現れている」

 

そう話す集平さん。

出し物の豪華さ・荘厳さに目がいくお祭りですが

最終日の今日は

「人」に注目してみようと改めて思いました。

 

最後はミュージシャンでもある集平さんがギターを奏でながら歌を歌ってくれました

 

『サルコーデ・ナガサキ 第三楽章 秋』 は11月24日(日)までです。

県内・県外からのご来館をお待ちしています♪

 

 

 

長崎は本当にユニークで、摩訶不思議な魅力があるなあ、と思った

北国出身のスタッフMでした~

コメントはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。