ギャラリートーク

 

先日、3連休の中日に長谷川集平さんによるギャラリートークを開催しました。

4月、7月、10月と開催してきましたが

今回で最終回となりました。

 

4回とも来て下さった皆勤賞のお客様、

遠方からお越し下さるお客様、

はじめましてのお客様などなど

地元にお住まいの方と共に、本当にたくさんの方に楽しんでいただきました☆

 

集平さんの飾らない、軽妙なトークのおかげで

毎回和やかな雰囲気のギャラリートーク。

 

 

 

今回は長崎に伝わる「でんでらりゅうば」(皆さんは歌えますか?)のお話。

なんとそのルーツはアイルランドにあった!?

 

・・・という、なんとも真実のような持論を聞かせてくださり

 

皆さん集平さんが用意したアイルランド音楽を聴いて

「おーっ」「似てる似てる」と驚きの表情。

 

もちろん中盤には絵を鑑賞しながら

一枚一枚にまつわるエピソードもお話してくれました。

今はもうない街並みや、画面上にはない絵の向こう側に、何があるか。

 

「あ!ここに看板が書いてある!」

「昔かまぼこやがあった」など目を輝かせながら

皆さんが細かい描写を楽しんでいたのが印象的です。

 

最後には「おねび(どんど焼きを意味する方言)」の絵の炎のように

そしてちょうどおねびの絵をバックにして

熱いロックを演奏♪

 

おしまいの歌は集平さんが長崎に越してきて最初に書いたという「猫ひげDance」。

 

長崎を思わせるねこ、そして歌詞には夜景がでてきます。

 

不思議で、魅惑的。

だれかといてもなんだか一人を感じるような

しずかに優しい長崎の街に

なんてぴったりな曲なんだろうと思いました🐈

 

 

この場をお借りして、

集平さん どうもありがとうございました!

 

ギャラリートークは終わりましたが

冬の長崎の街と人を描いた12枚の絵は3月1日まで展示しています。

 

どうぞ長崎に浸りにきてください🐱

 

スタッフMでした♪