先日に続き・・・

 

 

先日の『ねむたいひとたち』とおなじ作者、ゴフスタインの絵本。

おばあちゃんのはこぶね / 谷川俊太郎・訳 / M.B.ゴフスタイン作&絵 / 現代企画室

 

90才になるおばあちゃんが、

小さいころおとうさんが作ってくれた木製の「ノアのはこぶね」を今も大切にしています。

おとうさんは舟だけじゃなく人形や動物もひとつずつ木でつくり、それを毎年プレゼントしてくれました。

少女だったおばあさんは、あの頃部屋から聞こえてきたおとうさんの”声”から

まるで少年のように

楽しんで木のおもちゃをつくっている様子を感じていました。

 

 

今おばあさんは、

自分も年を重ねてきて、おばあさんになっても少女の心を忘れないことを知っています。

そして90才の今でも、はこぶねを眺めては少女の頃にタイムスリップするのでした🚢

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この絵本に出てくるおばあさんのように、

かつて子どもだった大人が楽しめるような絵本を集めたコーナーがあります。

他の絵本とは離れたところにあるので

このコーナーで自分の少年心、少女心をくすぐる1冊を見つけてみてください♪

 

スタッフⅯ🚢