本の詳細情報

子どもとうたううたのえほん はないちもんめ

西山 裕子 歌
広野 多珂子
定価 本体2,667円(+税)
発行年 1999年8月
ISBN 978-4-88750-011-2
対象年齢 およそ2~3才から
ページ数 56
サイズ 縦20cm × 横19cm

おはなし

わらべうたを13曲、童謡を11曲紹介。付属のCDには、わらべうたのみが収録されています。
CDは子どもに聴かせるものではなく、大人が聴いて覚えるためのものです。わらべうたには、古くから伝えられてきた、私たちの国の季節感・暮らし・思いなどが込められ、子どもに優しいリズム・メロディーで語ります。

スタッフのおすすめコメント

CDの透明感ある美しい歌声のわらべうたを聴き、懐かしくなりました。 手をつなぎながら、ボールをつきながら、手遊びをしながら歌った馴染みあるメロディーは、母親、友だち、先生との笑顔のひとときを思いださせてくれます。 また、絵がとても美しく、あざやかで、子どもたちの姿がかわいらしく描かれています。 この絵のように、わらべうた遊びをする子どもの姿をまた見てみたいな、と思いました。 (配本流通部 H・M)

親の皆さんも小さいころに歌っていたふんいきを思いだしながら、お子さんと一緒に楽しんでもらえる一冊です。 わらべうたや童謡のみの本ということでなかなか手に取ることが少ない方も配本を機会に聴いてみると、新たな発見があるのではないでしょうか。 私もCDから流れてきた「げんこつやまのたぬきさん」が、小さいころ歌っていた歌い方と違っていて驚きました。思い出と聴き比べながら、お子さんと一緒に家族だけの特別の節をつけて歌ってみるのもいいかもしれませんね。 (顧客管理室 Y・J)

言葉を発しない赤ちゃんと、ふたりきりで長い時間を過ごすために、何をすればいいのか。核家族で育ち身近に小さい子がいないまま母親になった私が、最初に困った子育ての問題です。抱いてあやすだけでは間がもちません。そんな私の力になってくれたのは、絵本の読み聞かせと、「童謡」や「わらべうた」でした。ゆったりとしたメロディーと簡潔な歌詞は、すぐに覚えて口ずさむことができます。歌いながら母親の私も穏やかな気持ちになれました。子どもが大きくなってくると、一緒に歌ったり手遊びしたりと、楽しみ方が更に広がります。「うたえほん」はいろいろな出版社から出版されていますが、「はないちもんめ」は挿絵も美しく、絵本としても充分に楽しめます。皆さんも、お子さんと一緒に歌って、楽しんでください。 (企画広報課 K・J)

  • ご連絡・お問い合わせはこちらへ

    ご連絡・お問い合わせ
  • 書店・取次の方の注文やお問合せはこちらへ

    FAX:095-828-0686/9:30~17:00[休み]土曜・日曜・祝日