CAP 子どもが暴力から自分を守るための教育プログラム

CAP(キャップ)はChild Assault Prevention(こどもへの暴力防止)といい、1978年、少女のレイプ事件をきっかけに、アメリカ・オハイオ州で始まり、現在合衆国内36州に240以上、8ヵ国にわたるネットワークに成長しています。 私たち童話館はこのCAPを推進する活動を行なっています。 子ども間のいじめ、親からの虐待、学校での暴力、顔見知りの大人による性暴力、痴漢、レイプ、誘拐…。子どもは、このようないわれなき暴力の危険に身をさらしながら、この社会を生きていくのです。 人間にとってかけがえのないもの『人権』を土台にして この教育プログラムは、単に、子どもたちへ暴力や危険に際してのノウハウを伝えるものではありません。このような暴力は、人間にとってのかけがえのないものへの侵犯であり、それに対しては、はっきり「ノー」と意思表示しなければならない、と教えます。「人間にとってのかけがえのないもの」とは、人権という言葉であらわされるものであり、それを、「安全に」「強く」「自由に」という、子どもにわかりやすい3つの大切なキーワードを通して伝えます。

子どもに関わるすべてのおとなに関心をもってほしい ──童話館はそう願っています。

CAP関連書籍(いずれも童話館出版)

  • 「ノー」をいえる子どもに CAP/子どもが暴力から自分を守るための教育プログラム この本では、アメリカで成果をあげている「人権」という考え方を基礎にした子どもへの暴力防止の具体策をくわしく紹介しています。子どもが実際に危険な目にあったらという想定のもと、ロールプレーをしながら、子ど... [詳しくはこちら]

  • 気持ちの本 「うれしい気持ち、悲しい気持ち、しあわせな気持ち、いやな気持ち、どれもみんな、あなたの大切な気持ち」心の中は目で見えないけれど、心の中の状態を気持ちが知らせてくれます。その時の気持ちを大切にしてくださ... [詳しくはこちら]

  • あなたが守る-あなたの心・あなたのからだ CAP(子どもへの暴力防止)のワークショップを絵本によって紹介します。 「あなたには、たくさんのいいところがある。あなたは、とくべつ。あなたは、だいじ」 あなたの体もあなたの気持ちも、あなた自身の... [詳しくはこちら]

  • しつけと体罰 子どもの内なる力を育てる道すじ この本では、体罰がどんな害を子どもにもたらすのか、なぜ、体罰は効果的なしつけではないのか、そもそも、しつけとは何なのかをわかりやすく説明しています。そして、子どもの個性と自立の力を育てるために、「子ど... [詳しくはこちら]

CAP関連サイト