こどもの本の店 童話館

こどもの本の店・童話館

1階はこどもの本の店・童話館のフロアーです。 こどもの本の店・童話館は、1981年に創業し、童話館グループの母体となりました。その後、祈りの丘絵本美術館のオープンにともない、長崎市中心部から、その一階へ移転しました。
一冊、一冊、ていねいに選ばれた絵本・こどもの本が、シックな書棚に居ずまいを正し、人々の手に迎えられる時を待っている・・・。童話館グループの原点は、つねに、ここにあります。

また、絵本・こどもの本は、一般の本とちがって、新刊に重きをおきません。むしろ、古いものにこそ、子どもにとって、ふさわしい作品が多いものです。来館された、若い人や子育てを終えたご夫婦から、なつかしそうな声が聞こえるのは、それぞれの思い出の絵本・こどもの本に、この場で再会するからでしょう。

童話館には、絵本・こどもの本が、およそ4,000点、10,000冊用意され、ご予算や年令に合わせた絵本選びのお手伝いもいたします。フロアーには、美術館の企画展のフェアやポスター、絵本からうまれたポストカードやグッズ、また、ヨーロッパで長く愛されているおもちゃのコーナーがあり、ミュージアムショップとしても利用できます。

こちらは入場無料で自由に入館できます。

  • 本棚
  • 玩具
  • 二階へ